オスグッド病(成長痛)は、

簡単に回復可能な症状です!


成長期が終わらないと治らないと言われた・・・

軟骨が突き出ているから、手術しないと治らないと言われた・・・

もう運動をやめるしかないと言われた・・・

 

そんな事はありません!

成長期が終わらなくても、軟骨が出ていても、痛くなく運動ができるようになります。

 

オスグッド病(成長痛)には、オスグッド特有のレシピ(なおし方)があります。

そのレシピを使えば、何ヶ月も正座や屈伸ができなかった子が、数回の施術でできるようになります。

 

お子さんの、オスグッドの早期回復を望まれている方、お早めにご連絡ください。

成長期が終わるまで待つ必要なし!


成長期が終わるまで治らない。

というのが一般的な常識になっていますが、そんなことはありません。

 

当療法では、何百人というお子さんが回復されています。

 

オスグッド病の原因には、いくつかの可能性があり、それらを確認しながら探りあてていきます。


この子はどの原因で痛みが出ているのかさえ分かれば、あとはビックリするくらい早く回復に向かいます。

軟骨が突き出ても膝は痛くならない!


膝のお皿の下の軟骨が突き出ているから痛みが出る。

と言われたことありますか?

これも間違いです。


膝の軟骨が突き出ていても、膝は痛くなりません。


現に、軟骨が突き出ているのに膝は全く痛くない子供や大人が沢山います。

逆に、軟骨は全く突き出ていないのに、膝が痛くて運動できない子供も沢山います。


と言うことは、軟骨とは別の痛みの原因があると言うことです。

 

実は軟骨が突き出ているのは、運動に対して身体が適応しようとしている結果であって、何も悪いことではありません。

ですので、軟骨が・・と怖がって心配する必要はないのです。

運動はすぐにできるようになります!


オスグッド病・成長痛回復データ

オスグッド病は基本的には、簡単に回復可能な症状です。

ほとんどの場合は、1~3回も施術を行えばかなり良い状態まで回復できます。

期間としては約1~2週間で、何ヶ月も痛みで走れなかったのが、全力走れるようになります。

 

ですが、痛みの原因、または体の状態により回復期間が異なってきます。

 間違ったケア方法を長い期間行なっていた場合は、5回以上の施術を必要とする場合があります。

 

次に間違ったケア方法について書いておきます。

間違いだらけのケア方法!


オスグッド病の回復が遅くなる可能性があるケア方法です。

 

アイシングで患部を冷やす。

オスグッドサポーターをつけて運動する。

家庭用電器治療器を患部に当てる。

膝の周りの筋肉を、グイグイ押してマッサージする。

 

以上の事を行うと、膝周りの筋肉が異常に固くなってしまい、回復傾向になかなか向かってくれなくなります。

 

どんどん状態が悪化してしまう可能性もありますので、当院ではおすすめしておりません。

おこなってほしい正しいケア方法!


なるべく痛みが出ることをしない。

お風呂でしっかり身体全体を温める。

負担のないストレッチを行う。(当院で指導致します。)

 

とにかく、膝に負担をかけずにお風呂でしっかり温めてストレッチ!!

これが一番です。

 

ストレッチは痛みの原因によってやり方がかわります。

症状に会ったストレッチ法を当院で指導致します。

お子さんが早く元気に運動ができるように、

私達が全力でサポートします!!

オスグッドでお困りの方は、ご連絡ください。

営業日 月・火・水・金
定休日 木・土・日・祝
営業時間 11:00~21:00
施術料 6,000円(約一時間)
お持ち物 動きやすい服装・タオル一枚
ご予約 086ー222ー5250 【完全予約制】
所在地 岡山県岡山市北区岩田町1-16 ブロスビル4階
  ※ビル正面向かいに、コインパーキングが有ります。